営業 倉知 正英

「スピード」「正確さ」を大切にお客様からの信頼を獲得する!
新しい歴史は、「キミ」がつくる。採用担当 池田 将之

営業職の先輩に“イゲトウ”を語ってもらいました。

イゲトウを選んだ理由は?

学生時代にアルバイトで大工さんの仕事を手伝っていたので建築関係に興味がありました。人と話すのも好きだったので営業職で就職先を探していたんです。井桁藤に決めた理由は、就職活動でいろいろな会社の説明会や面接を受けている中で一番、社内の雰囲気が良かったから。働いている人が気さくで穏やかで、ここなら人間関係で嫌な思いをすることなく働けそうだと思ったんです。その時の印象は入社後も変わっていません。

困ったことやわからないことがあれば気兼ねなく相談できる人ばかりなので、一人で悩むようなこともありません。さばさばとした環境なので、上司が残っているからと自分の仕事が終わっているのに無理して残業するようなこともありません。「お先に失礼します!」と堂々と帰れるところもいいですね。

仕事の内容と魅力は?

既存のお客様のニーズにあった建材を提供するルート営業が主な仕事内容です。扱うのは屋根材・外壁材・内装材から住設機器、太陽光発電システムまでさまざま。最近ではリフォーム用のキッチンやユニットバス等、水回りの商材も増えています。

お客様の規模や取扱商品などにもより多少変わりますが、一人の営業が20〜30社程のお客様を担当します。わたしは名古屋営業所勤務ですが、訪問は愛知県内のお客様のみ。
お客様は住宅販売店さんや工務店さん、工事業者さんがメインになります。時間があれば新規顧客開拓も行います。その場合も、どんな仕事をメインに行い、どこと取引をしているかちゃんと情報収集し、どんな提案を行えばいいのか事前準備をしっかり行うことが大切です。

だからこの仕事が好き!一番嬉しかったエピソード

取引先の担当者に自分を覚えてもらい、信頼関係を築いていって頼りにして頂けることが何より嬉しいですね。大切にしていることはスピード感。お問い合わせでも、お見積りの作成でも、連絡をいただければすぐに応えられるよう心がけています。

ただ、新人の頃、そのスピードを意識しすぎて、お客様のご要望をちゃんと理解しないまま、商材をメーカーさんに発注し、いざ建築現場に配送した時に、求められたものと違い、使い物にならなかったことがあります。わたしの確認ミスで現場のスケジュールも滞ってしまいご迷惑をおかけしてしまいました。
少しでも分からないことがあれば即答せず上司に確認。正確を期するためメーカーさんに同行していただくこともあります。「スピード感をもって正確に」失敗からわたしが学んだことです。

入社から今「キャリアイメージ」

商品やお客様のことを覚えるため、まずは配送や受注業務でひとつずつ覚えていくことができました。その後、先輩同行から営業の仕事をスタート。基礎を身につけてからの営業デビューなので安心し仕事に携わっていくことができました。

就活生に向けてのメッセージ

「自分はこの仕事がいいんだ!」「この会社しかないんだ!」と決めつけずまずはいろんな会社を訪問して生の声を聞くのがいいと思います。ネットだけの情報ではイメージが違ったことも沢山ありました。実際に足を運びいろいろな会社を比べることができれば、その中で自分はどこの会社、どの仕事があいそうなのか、わかってくると思います。

多くの会社をまわるのは大変だとは思いますが、きっと努力は報われます。就職活動頑張って下さい。

その他の先輩の声

このページの先頭へ